メニュー

ブログ

木馬歯科で歯周病予防をしよう(2022.10.02更新)

歯周病


歯磨き粉のCMでもよく聞く言葉だと思います。
けど聞いたことはあっても実際どんなのかよく知らないって人も多いのではないでしょうか?
今回はそんな耳にしたことはあるけどあまり知られてない歯周病について詳しくお話ししていきたいと思います。

歯周病ってとても怖い病気だと皆さんは知ってますか?

歯周病とは、歯と歯肉の境目の小さな溝(歯周病ポケット)に細菌が侵入し、歯肉に炎症を起こす。
そこからさらに進行すると歯を支えている骨(歯槽骨)を溶かしてしまう。
骨が溶けきってしまうと歯は支えがなくなる為、グラグラと揺れてしまい、最終的には自然と歯が抜け落ちてしまう病気が歯周病なのです。

通常、歯は丈夫なので自然には抜けません。
ですが歯周病が進行し重症になると痛みなく、とても簡単に抜けてしまい、歯を失ってしまうのです。

歯を失ってしまうと、噛み合わせが変わってしまい噛みづらくなるので、今まで通り美味しく食事を摂ることが難しくなります。
また会話がしにくくなったり、顔にシワがよったりするので良いことがありません。

歯周病は軽症〜重症までありますが、成人してる方の約8割は歯周病にかかっていると言われています。
なので歯周病ってすごく身近で日本人はかかりやすい病気なのです。

また歯周病の恐ろしいところは、虫歯と違い痛みなく進行し悪化していく為、症状が出て、気づいた時には重症。
というケースがすごく多いのです。

次に上げる例、みなさんはいくつ当てはまりますか?

・歯磨きをすると出血する
・歯肉が赤く腫れている
・昔と比べて歯肉が下がった
・歯がしみる
・歯と歯の間に食べ物がはさまりやすい
・口臭を指摘される
・歯並びが変わった
・固いものが噛みにくい
・歯がグラグラする

これら全て歯周病の症状となってます。
上が軽症の人の初期症状で、下にいくにつれてどんどん重症となっています。
特に、歯周病の初期症状はすごく単純なことが多いので見落としやすいです。
気づいたときには歯がグラグラして取り返しがつかない…。
なんてことにならないよう、今のうちから少しの変化を感じたらぜひ歯医者さんに相談しましょう!

木馬歯科では定期的なクリーニングをおすすめしています。

毎日歯磨きをしてても、どうしても磨きづらい場所があったり、一部の汚れを見逃してしまう方がほとんどです。
汚れが長時間残ってしまうと、石のように硬い歯石になってしまい、歯ブラシでは落とせなくなってしまいます。
また歯石を放置してしまうと歯周病の進行をすごく早めてしまいます。
ですがもし歯石ができてしまっても、木馬歯科で扱っている専用の器具を使えば綺麗に落とすことが可能です。
また歯石になる前にご自身でもしっかり汚れを落とせるよう学んでいただけるブラッシング指導も行っております。
そして3〜4ヶ月ごとにクリーニングに来ていただくと、虫歯の早期発見、早期治療が可能になります。
今回お話した歯周病の進行も定期的なクリーニングを継続することで、緩やかにすることができますので、ぜひ今から一緒に対策をして、今後歯周病で歯を失わないようにしましょう!

痛くなくても歯医者に行こう!

健康の維持、いつまでも美味しい食事ができるように、そして歯周病予防としてぜひ木馬歯科をご利用ください。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME