メニュー

審美歯科・ホワイトニング

目次

  1. 詰め物・被せ物
  2. ホワイトニング

 

詰め物・被せ物

詰め物・被せ物について

むし歯が悪化してしまうと歯を削らなくてはいけません。削ってしまった歯質はもう二度と元通りにはなりませんので、その部分に詰め物をして補います。

そこで、当院では身体に優しい治療として金属を使用しないメタルフリーをおすすめしています。
日本の保険治療で使われている金属は金銀パラジウム合金です。ドイツなどの医療先進国では、パラジウムが体に与える悪影響を考慮して、パラジウムフリーを強く推奨しています。またスウェーデン、デンマーク、イギリスでは昔の治療で使われていたアマルガムを妊婦に使うことが禁止されました。金属を使用することでアトピー、頭痛が起きる可能性があります。。セラミックやジルコニアは金属を使用していないため、金属アレルギーの心配が必要なく歯に馴染みやすいのが特徴です。さらに、ご自身の歯の色に近い色や質感を再現する事が可能なので目立ちにくく、保険診療のプラスチックや金属素材よりも自然で綺麗に仕上がります。

狭山木馬歯科の治療

当院では世界トップレベルの技工士と提携し、患者様のヒアリングのもと1人1人に合った詰め物や被せ物を使用て治療を行います。詰め物や被せ物の際には、どのような材料が良いのかなどを分かりうやすく丁寧にご説明します。

自費の被せ物と詰め物の比較表

深いむし歯の被せ物・クラウン

前歯の小さなむし歯は、白い詰め物で対応できますが、大きなむし歯になると、いわゆる被せ物になります。
奥歯の場合はむし歯が進行すると、残りの歯質が少なくなるために、歯の全周に被せ物をします。被せる物ををクラウンといいます。

オールセラミック(ジルコニア・セラミック)

見た目に一番自然の歯に近く、透明感があり生体親和性も高い。変色もしない。金属未使用なのでアレルギーの心配がない。

審美性 耐久性
◎◎
メタルボンド

自然な感じであり、長時間耐久性がある。変色もしない。裏側の一部が金属。

審美性 耐久性
深いむし歯の被せ物・ブリッジ

ブリッジは歯が抜けてしまった(または抜いた)場合、抜けた歯の両隣に歯が残っているときに適用できます。まず、抜けた歯の両隣の歯(支台歯)を削り、コアを入れます。こうすることで、抜けた隣の歯に土台ができます(支台歯形成)。次に歯型をとり、歯型に合ったブリッジ(クラウンとクラウンの間に人工歯を連続して固定したもの)を作ります。あとはブリッジを口の中に装着し、かみ合わせの調整を行い、固定します。

オールセラミック(ジルコニア・セラミック)

見た目が一番自然の歯に近く、透明感があり生体親和性も高い。変色もしない。金属未使用なのでアレルギーの心配がない。

審美性 耐久性
◎◎
メタルボンド

自然な見た目であり、長時間耐久性がある。変色もしない。裏側の一部が金属。

審美性 耐久性
浅いむし歯の被せ物・インレー

むし歯は進行すると、削る部分が増えたり、むし歯による穴のかたちも複雑になります。穴にピッタリ合った型(印象ともいいます)をとり、その型に合金を流し込んで(鋳造といいます)詰め物を作ります。

セラミック

審美性に優れた、透明性の強い白さがあり生体親和性も高い。変色もしない。金属未使用なのでアレルギーの心配がない。

審美性 耐久性
◎◎
ハイブリッド

保険のプラスチックよりも強度が優れる。金属未使用のためアレルギーの心配がない。

審美性 耐久性
白金加金

人間の歯のエナメル質とほぼ同硬度、噛み合わせの歯との耐久性を天然歯と同じコンディションに保つ事もできる。抗菌作用が強い。

審美性 耐久性
ゴールド

歯とよくなじみ、適合性も良いためむし歯が再発しにくい。

審美性 耐久性

ホワイトニング

ホワイトニングについて

ホワイトニングとはコーヒーや紅茶・お茶など色素のある食品を口にしたり、喫煙や加齢などでくすんでしまった歯を、専用の薬品を使って白く明るくすることを言います。クリーニングよりも歯を白く綺麗にすることができますので、お気軽にご相談ください。

ホワイトニングの種類

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングはご自宅で行う治療になります。医院で使用する薬品よりも濃度が低い物を使用しますので、効果がでるのには時間がかかってしまいますが、継続して行うことにより効果が長持ちします。

見えるところをゆっくりと自宅で簡単ホワイトニングになります。

タッチアップ(再ホワイトニング)

●約2週間・ジェル4本

ホワイトニングの流れ

1、カウンセリング&診察

どんな色にしたいのか、どの位期間をかけられるのかなどを丁寧にカウンセリングをします。ここでむし歯のある人は受けられないので、その場合はまずは治療から行っていきます。

2、トレー作成

ホワイトニング用のマウストレーを作ります。製作には1~2週間お時間をいただいています。

3、ホワイトニング

出来上がったマウストレーにホワイトニングの薬剤を入れ、ホワイトニングをしていただきます。
1日2時間装着し、2週間かけて少しずつ白くしていきます。

4、ホワイトニング前後の比較

2週間後にホワイトニングの効果を比較するための写真を撮らせていただきます。

5、メインテナンス

4ヶ月後にメインテナンスのお知らせのお葉書を送らせていただきます。その時に再びホワイトニング希望であればホワイトニングすることが出来ます(薬剤のみ購入が可能です)

注意点:ホワイトニング前に必要となる検査・レントゲン撮影・歯石除去等は保険診療となります。別途負担になりますのでご了承下さい。

エアーフロー

タバコを吸われたり、よくコーヒー・紅茶等を飲みませんか?歯にヤニや着色汚れのようなものが付いていませんか?このヤニ・着色汚れは普段の歯磨きではなかなか落とすことができません。しかも、主に前歯に付きやすいので気にしている方も多いと思います。

エアーフローは、口もとを美しくするための歯面清浄器です。エアーフローパウダー(塩や重曹を圧縮したもの)が超微細なウォータースプレーとともに射出し、歯垢や汚れを素早く除去します。さわやかなレモン風味のエアーフローパウダーは患者さんに不快感を与えず、副作用は一切なく安全です。歯面がきれいになりますので満足感を得られます。

※歯石の除去などは保険診療になります。

ホワイトニングが出来ない方

  • 妊娠・授乳中の方
  • テトラサイクリン(お薬による歯の変色)の方
  • エナメル質・象牙質形成不全症の方
  • ホワイトニング剤のアレルギーのある方
  • 無カタラーゼ症の方

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME