メニュー

ブログ

良い歯の日(2022.04.18更新)

4月18日は、なんの日かご存知ですか?
恥ずかしながら、私は知りませんでした。
4月18日は、良い歯の日だそうです。

11月8日は、いい歯の日。
6月4日の虫歯予防デーは、子供の頃から言われていて、検診などするのご存知の方も多いと思います。

1年間で3回も歯について考える日があるとは、歯が人生の中で重要なことがわかります。

良い歯の日にちなんで、朝の情報番組で良い歯の日に因んで、噛みごたえのある食べ物特集をしていました。
女芸人さんが、パリッパリッの食感が楽しめるフランスパンを食べていたのですが、
入れ歯になってしまっては、硬い食べ物を噛めなくなり、食を楽しむことが出来なくなってしまいます。

木馬歯科医院では、ミラクルデンチャーという次世代の入れ歯を推奨しているので、
このミラクルデンチャーを入れた患者さんは、入れ歯ということを忘れて、フランスパンもお煎餅も食べてることができます。

1年間で3食食べると、1000回食事をすることになるそうです。

是非ミラクルデンチャーで食事と人生を楽しんで欲しいです。

もちろん、自分の歯でご飯を食べることが1番大切です。

8020運動というのはご存知ですか?

木馬歯科医院では、狭山市でたくさんの受賞者を誇っています。

「80歳で20本の歯を残しましょう」ということです。
こちらの運動は、狭山市の歯科事業では、とても力を入れてる運動です。

でも、どちらかというと、年配の方の為かな?と思われがちですが…

実は狭山市では、令和2年度第3次健康日本21狭山市計画・第2次狭山市食育推進計画というプロジェクトのもと、

「乳歯から8020をめざします。
その為にも、定期的な歯科健診を推奨していく」

という指針を掲げました。

乳歯から?永久歯になる前から?80歳で20本の歯を残しましょうとは、長い話だなぁ。と思ってしまいましたが、確かに、小さい時からの積み重ねが大事です。

その為にも定期的な歯科検診とあります。

木馬歯科医院でも、狭山市の狭山中央中に毎年検診に行きます。

学校の検診では、

1.虫歯になりそう.または、虫歯があります
2.歯茎や腫れがあり、歯肉炎の可能性があります
3.歯磨きが不自由分で歯垢が残っています
4.顎、噛み合わせ、歯並びが少し心配です

これらのことを診ます。

歯医者さんを好きな人はほとんどいないと思います。

ですが、今は、色々な治療方法があります。麻酔をして、削って、詰めるだけが治療ではないのです。

歯科検診で再検査が来た人、来なかった人、みんな1度は歯医者さんに行って、精密検査を受けてみてください。

1年間で1000回の食事を楽しみましょう!


狭山市駅から徒歩7分
16号沿い狭山市民会館から1分
木馬歯科医院

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME